検索
  • 合同会社 ゼットン

感染症対策総合展に行ってきました。その②:オゾン編

最終更新: 9月30日

続いて、オゾンを利用した空気清浄機(空間清浄機)に関してです。


今回は、このオゾンに関して勉強するのが

一番の目的でした。


何機種か、オゾンを空間に排出して除菌するというものがありましたが

色々と話を聞きながら、

自分の疑問に明確に答えてくれるメーカー様は

残念ながらありませんでした。


私のオゾン利用機種に対する疑問は

①安全性(人体への影響)

②オゾンの除菌のメカニズム

③空間除菌能力の効果の程

の3つでした。


まずは①安全性についてです。

オゾンは人体に悪影響を与えるという事が

一般に広く知られていると思います。

②の除菌のメカニズムに通じると思いますが

オゾン分解

オゾンによって有機化合物の炭素-炭素二重結合を酸化切断する酸化反応・・・ウィキペディアより)

によって、人間の細胞そのものにダメージを与えるのではないかと思います。


その上で、オゾン利用機種のメーカー様は

「人体に安全な濃度でオゾンの排出をしている」

と言います。


しかし、私はこう思ってしまいます。

「自分の体にダメージを与えるものを

体内に取り込みたくはないな」と。


おそらく、メーカー様の言う「安全な濃度」は

『人体の自己修復機能によって修復される程度にしか

ダメージを与えない濃度』なのではないでしょうか?


なぜなら『オゾンは人体に有害な物質』

という大前提は崩れないからです。



また、こうも思ってしまいます。

各メーカー様はエビデンスを明確にする為に

実験をしてらっしゃいます。

基本的に、ある大きさの密閉空間内に装置を設置し

除菌能力を測定されていることと思います。


ここで、お聞きしたいのが

『細菌類を入れない条件で

あなたなら、その実験空間内に入って行けるのか?』

という事です。


つまり、実験時の状況で除菌力があるのは確認できるでしょう。

しかし、その実験時の状況は人体に本当に影響を与えないのか?

という事です。

これに関しても、今後の情報収集と勉強が必要だと感じました。



また、②の除菌メカニズムに関しては

上記のようにウィキペディアにも紹介されているので

納得できるものだと思います。



最後に③の空間除菌能力の効果の程に関してです。


皆さんは、以前、次亜塩素酸水の空間噴霧に対して

除菌効果がある、ない又は薄い、の論争があったのを

覚えてらっしゃることと思います。


あの時に、効果がない又は薄いとされた理由の一つとして

『ミスト状(粒状)になった次亜塩素酸水と

立体空間内にあるウィルス・細菌類とが

接触する確率の低さ』

があったと思います。


要するに、非常に細かな物質同士が

立体空間内で接触する確率は非常に低い

という事ですね。


オゾンにも同じことが言えると私は思っています。

しかも、オゾンは分子の状態であり

ミスト状の次亜塩素酸水よりも

さらに小さい状態です。


実際に利用する空間でどうなのかな?

と思っています。



どちらにしても、私自身は

最初に、深紫外線を利用した製品を取り扱おうと決断した理由である

『安全性』を第一に考え

その『安全性』が明確に担保されない限りは

様子を見守りたいと思います。



その③に続く


#ポートメッセなごや

#感染症対策総合展

#シーガイーネ

#深紫外線

#除菌

#空気清浄機

#新型コロナ

#インフルエンザ

#空間除菌

#感染症対策

#ゼットン

#合同会社ゼットン

#オゾン





8回の閲覧

最新記事

すべて表示

偽サイト情報

本日、2020年9月25日(金)に シーガイーネを販売する(という体の)ネットショップで 偽サイトがあることが分かりました。 問合せ先のメールアドレスが 「hot@takevsale.site」となっているものです。 このアドレスは、 偽サイト情報の掲載サイト様にも載っています。 また、価格が35,100円での販売となっていますが 他の正規ネットショップ様の価格よりも安く掲示することで 受注しよう

©2020 by シーガイーネ 深紫外線(UV-C)の高い殺菌力で空気中のウイルスや細菌を除菌します。

​Copyright  Zetton